滞在許可証

2020/2/27

一般旅券を所持する日本国籍の方の場合,短期間(90日以内)の滞在については査証は不要です。

ただし,90日を超えて滞在する場合には,入国した日から90日以内に,滞在先の警察署外国人課に対して「滞在許可証(CARTE DE SEJOUR)」の交付を申請する必要があります

また,就労を目的として滞在する場合についても,滞在許可証(就労)が必要となりますので,就業先の会社等に滞在許可証の取得手続きに関して確認する必要があります。滞在許可証の申請を行わないまま3か月を超えて滞在する者は不法滞在者とみなされ,原則として強制退去処分が科せられます。
 

2013年2月4日以降,モロッコにおける子の身分証の交付申請が必要となっているとの情報を得ておりますので,対象となる子の親は滞在先の警察署外国人課へ当身分証の交付申請手続きをしていただきますようお願いいたします。

 

ページトップへ

モロッコにおける滞在許可証の交付申請書類の改定について

 

2013年1月9日以降,モロッコにおける滞在許可証の交付申請(初めての申請,更新を含みます)にあたり,滞在先の警察署外国人課に提出する書類が,以下のとおり改定されたとの情報を得ております。  

2013年1月9日以降,滞在許可証の交付申請時に滞在先の警察署外国人課に提出する書類一覧

  1. 申請書2部(警察署外国人課窓口にあります)
  2. パスポートの身分事項頁のコピー1部
  3. パスポートの入国スタンプが押印された頁のコピー1部
  4. 手数料;有効期間1年につき100 DH (例:10年間の場合,1000 DH)
  5. 写真6枚
  6. モロッコでの住所を証明する書類の原本
    (例;大家との賃貸契約書、不動産(土地及び建物)の登記簿謄本)
  7. 犯罪経歴証明書;注1
  8. 健康診断書;注2
  9. モロッコで生活資金を得ていることが分かる資料
    (例;雇用機関から発行される就業証明書や給与証明書、銀行口座の写しなど)
  10. モロッコに3ヶ月以上滞在する理由が分かる資料
    (例;モロッコ人の配偶者;モロッコ家庭裁判所または当館で発行した婚姻証明書
    モロッコで勤務されている方;雇用機関との雇用契約書
    モロッコの大学で留学されている方;学生証や修学証明書)
  11. その他書類

 

滞在許可証の申請の方法等については,滞在先の警察署外国人課までお問い合わせください。

なお,配偶者の方は,当館で発行する婚姻証明書が必要になる場合がありますので,滞在先の警察署外国人課までお問い合わせ下さい

また,「11. その他書類」については,地域の警察署,担当官によって提出書類が変わる場合がありますのでご注意下さい。

 

注1

(1)初めて滞在許可証を申請される方は,「日本の警察証明書(犯罪経歴証明書)」となります。

 当館でも日本の警察証明書(犯罪経歴証明書)を申請できますが,当館に当証明書が届くまでおおよそ3ヶ月程度の時間を要するため,初めて滞在許可証を申請される方は,可能な限り,モロッコに来られる前に日本の都道府県警で日本の警察証明書(犯罪経歴証明書)を取得するようにしてください(日本の警察証明書(犯罪経歴証明書)の取得手続きは,日本の都道府県警にお問い合わせください。日本の都道府県警では申請から交付までおおむね10日~14日程度です)。

 日本の都道府県警において警察証明書(犯罪経歴証明書)を申請する際、日本の都道府県警から、モロッコの滞在許可証を申請するにあたり「モロッコ政府が、日本の警察証明書(犯罪経歴証明書)を必要としている根拠」を求められる場合があります。つきましては、「本注意書きを含む当ページの滞在許可証の交付申請時に提出する書類一覧」、モロッコの滞在許可証申請にあたっての必要書類を定めた「モロッコ政府の根拠法令」及び「その和訳」を印刷し、日本の都道府県警における警察証明書(犯罪経歴証明書)の申請の際にご活用ください。

 

(2)滞在許可証を更新される方は,「モロッコの犯罪経歴証明書」となります。

 モロッコの犯罪経歴証明書の取得のためには,当館で発行する出生証明書(原則としてモロッコの犯罪経歴証明書の申請日から遡って3ヶ月以内のもの)の写しが必要になります。モロッコの犯罪経歴証明書の申請にあたっては、ラバトにあるモロッコ法務省に赴き申請する必要があります。
 なお,滞在先の裁判所においてもモロッコの犯罪経歴証明書の申請を受け付けてくれますが,発給まで2ヶ月程度かかること,申請書類が紛失する可能性も否定できないことから,ラバトにあるモロッコ法務省において申請することをおすすめ致します。

注2 最寄りの医療機関での健康診断時に、滞在許可証申請のための健康診断書を取得したい旨申し出て下さい。

モロッコ法務省における犯罪経歴証明書の申請及び受取り手続きについて

 

ラバトのモロッコ法務省における犯罪経歴証明書の申請及び受取りは、原則としてご本人による手続きが必要となっております。

 

1. 申請手続きについて

(1)法務省入口の警備員に犯罪経歴証明書(Certificat de casier judiciaire)の申請に来た旨を伝える。

(2)受付で、犯罪経歴証明書申請書を受け取る。

(3)申請書に氏名、生年月日、国籍、両親の氏名、出生地、「モ国」現住所、申請日、署名を記入する。

(4)右申請書にパスポートコピー(顔写真のある頁、入国番号を押印された頁)及び大使館発行の出生証明書(原則として犯罪経歴証明書の申請日から遡って3ヶ月以内のもの)の写しを添えて窓口に提出する。

(5)受取りの日付と時間が書かれた引換券を渡される。

 

申請手続きは、以上です。

 

2.受取り手続きについて

引換券に明記されている日時に 10dh の収入印紙を持参することで、モロッコの犯罪経歴証明書を受け取れます。

 

3.犯罪経歴証明書の受付時間

9:00~16:00

ラマダン期間中は、9:00~15:00(※ラマダン期間中は、担当職員が早期に帰宅する可能性があることから14:00までに窓口に行かれることをお勧めします)

 

4.モロッコ法務省の案内図は、こちらからダウンロードできます。

モロッコにおける滞在許可証の有効期間の改定について

 

2013年2月27日、これまでモロッコに滞在する日本人の滞在許可証の有効期間は1年間でしたが、当館からの働きかけにより、今後の滞在許可証の有効期間は以下のとおりとなる旨、モロッコ警察当局より連絡がありました。

なお、以下の条件を踏まえた1年間を超える滞在許可証の有効期間を希望する場合は、滞在許可証の申請手続きが滞りなく進むよう、事前に当館からモロッコ警察当局に働きかけを行いますので、滞在許可証の申請の1週間程度前に当館領事部あてご連絡ください。

※1年間を超える有効期間のある滞在許可証が発行されるか否かについては、モロッコ警察当局の書類審査に基づきます。当館からの働きかけをしても、1年間を超える有効期間のある滞在許可証が発行されないこともあり得ますので、この点、予めご了解ください。

 

 

滞在許可証の有効期間

(1)JICA関係者の方

・当地における任務期間をカバーする最低の年数

 例:任務期間が2年間の場合、滞在許可証の有効期間は2年間
 

(2)モロッコ人の配偶者の方

・当地において連続4年未満の滞在者(4回目の申請まで)は、1年間

・当地において連続4年以上の滞在者(5回目の申請から)は、10年間
 

(3)被雇用者の方

・当地で勤務して連続10年未満の滞在者(10回目の申請まで)は、1年間

・当地で勤務して連続10年以上の滞在者(11回目の申請から)は、10年間
 

(4)経営者の方

・当地で会社を経営して連続10年未満の滞在者(10回目の申請まで)は、1年間

・当地で会社を経営して連続10年以上の滞在者(11回目の申請から)は、10年間

モロッコにおける子の身分証の交付申請について

 

2013年2月4日以降,モロッコにおける子の身分証の交付申請が必要となっているとの情報を得ておりますので,対象となる子の親は滞在先の警察署外国人課へ当身分証の交付申請手続きをしていただきますようお願いいたします。

1. 子の身分証 『Le document de circulation』 について

  • (1) 対象者について
    以下の2つ項目を満たす子が対象となります。
     ・0歳から17歳までの3か月を超えて滞在するモロッコ国籍を有しない子(18歳以上は滞在許可証が必要となります)。
     ・滞在許可証を所持する必要がある親の子。
     モロッコ人と日本人との婚姻により生まれ,モロッコ国籍を有している子は,当身分証の交付申請の必要はありませんが,両親が共に日本人の場合又は,両親が日本人とモロッコ人以外の外国人である場合の子は,当身分証の交付申請が必要です。
  •  
  • (2) 子の身分証について
    モロッコにおける身分を証するカードで,常時携帯が望ましいとされています。
    有効期間は,1年間であることから毎年更新が必要です。また,引っ越しなどにより住居地の住所が変わった場合は,住所変更後,10日以内の交付申請が必要となります。
    現時点において,当身分証の交付申請手続き未実施又は不携帯に伴う罰則規定は設けられておりません。

2.. 滞在先の警察署外国人課に提出する子の身分証の交付申請書類一覧

  • (1) 申請書(警察署外国人課窓口にあります)
  • (2) 子のパスポートにおける身分事項頁のコピー1部
  • (3) 手数料100DH
  • (4) 子の写真6枚
  • (5) 子の両親のいずれかの滞在許可証のコピー1部
  • (6) 子の両親のいずれかが作成した子の身元保証書
    (当身元保証書のひな形はダウンロードページにあります)
  • (7) 両親のいずれかにおけるモロッコで生活資金を得ていることが分かる資料
    (例;雇用機関から発行される就業証明書や給与証明書、銀行口座の写しなど)
  • (8) 大使館発行の子の出生証明書のコピー1部
  • (9) その他書類

 

子の身分証の申請方法等については,滞在先の警察署外国人課までお問い合わせください。

また,「(9)その他書類」については,地域の警察署,担当官によって提出書類が変わる場合がありますのでご注意下さい。